ソフトコンタクトレンズを使用していて思うこと。

コンタクトレンズを使用していて、いつもなんとかならないかなぁと思うことがあります。
それは、私はソフトコンタクトを使用しているのですが、やはり眼鏡に比べてお金がかかることと、あと、どうしても目が乾燥して、特にパソコン作業などをしている時はすごく疲れるということです。

女性なので、やはり外見にも気を遣うので、ずっと眼鏡をかけているより、絶対コンタクトのほうがいいのですが、現在ワンデーアキュビューを使用していますが、毎日新しいものなので、清潔で安全だけど、やはり費用がかさみます。2週間タイプなどに変えようかなあとも思いますが、それだとお手入れが大変になるし、ケア用品を買ったりすることを考えると、面倒で、結局毎回「高いなー」と思いながらワンデーアキュビューを買ってます。

あとはオフィスワークだと、職場が乾燥していて、そのせいでドライアイになっているのか、すごく目が疲れます。こまめに目薬をさすしかないのですが、これだけ技術が進歩している時代、早くもっと快適で費用も抑えられるコンタクトができればいいのになあと思います。

コンタクトレンズのつけ心地

コンタクトレンズ自体は眼鏡と併用して長い年月使ってきました。
時にカラーコンタクトでおしゃれを楽しんだりもしましたし、二年間コンタクトレンズのみの使用で過ごしてみたりもして、コンタクトレンズとは良い付き合いをしていると思っていました。

ですから、自分に知らないことはほとんどないだろうと思っていました。
そんな私はつい最近、使い捨てコンタクトレンズがなくなったついでに度を測りなおしてもらって新しい処方箋をもらおうと眼科に行きました。

病院には他に患者さんがいなかったので、とても長い時間をかけて丁寧に診察していただけました。
その先生は、コンタクトレンズは色々なメーカーのものを試してみて一番しっくりくるものを使用した方がいい。つけ心地がまるで異なりますと教えてくださいました。

私は大雑把な性格ですし、見えればどのメーカーでもいいやといった考え方をしていたのですが先生がお試し用のコンタクトレンズを次から次へと渡してくるので言われるがまま試してみました。

驚きました。
本当にメーカーによってつけ心地が違います。
コンタクトレンズを装着しているのか否かもわからないような自然なつけ心地のものもあれば、つけている感覚はあるけれど不快ではないものや違和感があって合わないものがありました。

結局つけている感覚はあるけれど不快ではないコンタクトレンズの処方箋をいただきましたが、つけ心地の違いなんて長年使用してきたにも関わらずまったく知らなかったので感動しました。
今は、つけ心地の良かったワンデーアキュビュートゥルーアイをネットで購入しています。
コンタクトレンズはネットで買えないと思っていましたが、処方箋の数字さえ分かれば買えることも知りませんでした。
コンタクトレンズ通販の激安情報サイトが便利です。

ハードコンタクトレンズに挫折しました。

私は高校生の時からソフトコンタクトでした。
ソフトレンズは付け心地が良く、乾いた感じがしないので気に入っていましたが、ずぼらだったのでお手入れが面倒でつい洗わなかったりということがありました。

社会人になって、ハードレンズを使っているお友達から「ハードレンズはお手入れ楽だよ。慣れれば乾きとか気にならないよ」と言われて一度使ってみようという気になり眼科へ行きました。
そこでハードレンズを初めてはめてもらったのですが、涙がバンバン出て痛くてこれは大丈夫なのかなと心配になりました。慣れれば何とかなるかと思ってハードレンズとお手入れ用品を買って帰りました。
ハードレンズはお手入れはソフトレンズに比べるとすごく楽でした。

でもはめると涙がよく出てやっぱり痛いのです。4日間頑張りましたが、目ばかり気になって仕事にも集中できないのであきらめました。
ハードレンズのお手入れ用品はお友達にあげて使ってもらうことにして、改めてソフトレンズを作りに行きました。

ちょっと無駄なお金を使ってしまいましたが、ハードレンズは合わないとはっきりわかったので良かったです。お手入れが面倒なので今はワンデーです。